MENU

3人家族向けの車どれが良いのかわからない人にはこの車がおすすめ

 

3人家族向けの車ならトヨタスペイドがおすすめ

 

3人家族向けの車の乗り換えを考えているんですが、どれがいいのかよくわからないんですよね。。

 

今まで夫婦2人で大きくない軽自動車(ジムニー)1台でしたが、結婚して赤ちゃんが生まれたので乗り換えしようと考えていました。ただ、普通車が良いのか?軽自動車のトール系(タントのような大きな軽)が良いのか?悩んでいました。

 

できれば維持費の安い軽自動車の購入を考えていたのですが、それでも軽自動車よりも何かと余裕のある普通車も当然気になる。といった感じで、なかなかどの車がいいのかはじめわからなかったんです。

 

今回私たち夫婦は、通勤利用なしで、主に買い物や旅行使いのための車の乗り換えを考えて色んな車を調べました。きっと私たち夫婦のように、3人家族の方はたくさんいらっしゃると思いますし、これから結婚、出産を控えている方も乗り換えのタイミングなんかで気になっている方いると思うんです。なので、せっかく調べたことで少しでも皆さんの役に立てるのではと思いこうしてブログを作りメモを残そうと思いました。参考にして頂けたらうれしいです。

 

 

予算はできれば150万円以下の車

 

予算150万円で買える車が欲しい

 

予算はできるだけかけたくかなったんです。赤ちゃんはこれからどんどん大きくなるわけですから必要になるモノそうだし、何かとお金が掛かるから。と先輩ママさんにもいろいろ言われているので少しでもお金を残しておきたいって考えていました。

 

なので、まずは予算150万円〜200万円の範囲で車を探したんです。

 

3人家族向けの車ならトヨタスペイドがおすすめ

 

トヨタ車の中から200万円以下のコンパクトカー、ミニバン、ワゴンに絞って検索してみました。正直トヨタ車にしておけば間違いないのかな。と思っているので、トヨタ検索しています。(比較するときは他のメーカーの車種も意識しますが、トヨタが買いだと一番うれしいなと思っています。)

 

ミニバン(ヴォクシーとかノア)も考えることは考えているのですが、実際に見て乗ってみるとこれがなかなか大きいですよね。予算が許しても私たちは運転しないのかなと思っています。

 

そしてこの時点で、ヒンジドアのカローラフィールダー、オーリス、パッソ、ヴィッツ、アクアはなくなるのかなと思いました。

 

子どもが少し大きくなると、やはりヒンジドア(普通の車のドア)だと、隣に止めているクルマにぶつけてしまうことがあるそうです。できればそのようなリスクはない方が言いわけですから、ヒンジドアはデキれば使いたくないんです。

 

そうなると、残りはシエンタ、スペイド、タンク、ポルテ、ルーミーですが、まぁタンクとルーミー・スペイドとポルテはトヨタの兄弟車なので、実質シエンタ、スペイド(ポルテ)、タンク(ルーミー)の比較になります。

 

ですが、この時点でタンク(ルーミー)は除外することにしました。やはり買い物や旅行にもしっかりとストレスなく行きたいので排気量の大きな車を選びたいと思いました。

 

タンク(ルーミー)の場合1Lのみの設定になりますのでこの時点でなしの方向です。さらに室内のサイズを見ていると、タンクはやはり無しかなという印象です。

 

室内長が一番長いのはシエンタで、いちばん短いスペイドよりも375mm(37.5cm)長くなります。室内幅はタンクとシエンタがほぼ互角。室内高はシエンタよりもスペイドの方が100mm(10 cm)高くなっているんです。

 

勝手に室内高はタンクが一番だと思っていましたが、実はスペイドが高いんですよね。このあたりチャイルドシートの取り付けやらなにやら車内での移動も多いかと思いますのでポイントも高くなりますよね。

 

スペイド・シエンタ・タンクの室内長×室内幅×室内高

 

■トヨタ スペイド(室内高が一番高い)2160×1420×1380mm

 

■トヨタ シエンタ(室内長が一番長い2535×1470×1280mm

 

■トヨタ タンク(室内幅が一番広い)2180×1480×1355mm

 

室内高はかなりポイント高いと思います。実際、購入は考えていませんが、人気のあるミニバンであるノア・ヴォクシー・セレナの室内高は1400mmしかないんです。

 

スペイド

 

スペイドはほとんどミニバンとおなじだけのヘッドクリアランスがあるので、圧迫感を感じることはありません。さらにフロアは低く設計されていて、ドアの開口部なんてものすごく広々と使えるのでとても便利だなと感じます。

 

スペイド・シエンタ・タンクの新車価格

 

各車種の新車価格ですが、一番下のグレードでこんな感じでした。

 

トヨタ スペイド(F)
●トヨタ スペイド(F)1,879,200円〜(税込み)2WD/4WD設定あり。
●5人乗り
●排気量:1496cc
●車両重量:1160kg

 

トヨタ シエンタX
●トヨタ シエンタ(X“Vパッケージ”)1,824,885円〜(税込み)2WD/4WD設定あり。
●5人乗り/6人乗り/7人乗り
●排気量:1496cc
●車両重量:1380kg

 

トヨタ タンクX
●トヨタ タンク/ルーミー(X“S”/X)1,580,472円〜(税込み)2WD/4WD設定あり。
●5人乗り
●排気量:996cc
●車両重量:1100kg

 

低いグレードで見ていますが、スペイドとシエンタは5万円違い。5万円スペイドが高いです。それから、タンク(ルーミー)と比べるとスペイドが29万円高いです。

 

各車種で、値引き等もできると思いますが、人気車種なので、そこまで大きく値引きができるとは思いません。(今回は値引きは計算していません※できて10万円くらいなのかなと思います。)

 

実はここに行きつくまでの段階で、スペイドが良いかな〜と夫婦で意見一致し始めていたのですが、せっかくここまで調べているので、他メーカーもきっちり調べていますので、そちらも記載してます。気になっていた方は参考にして頂ければと思います。

 

 

スペイド・シエンタのライバル車はソリオとフリード

 

スズキ ソリオ
●スズキ ソリオ(G)1,581,120円(税込み)2WD/4WD設定あり。
●5人乗り
●排気量:1242cc
●車両重量:930kg

 

ホンダ フリード
●ホンダ フリード(B)1,880,000円(税込み)FF/4WD設定あり。
●6人乗り/7人乗り(3列シート)
●排気量:1496cc
●車両重量:1340kg

 

 

スペイドと購入検討した車種の特徴あれこれ比較と試乗感想

 

スペイドとタンクの後部座席の座り心地なら、スペイドの方が良かったです。

同じくスペイドとソリオなら、スペイドの方が後部座席の座り心地良し◎

スペイドとフリードの広さを比べると天井高のスペイドの方が断然広いです。

ソリオとスペイドの広さはほぼ互角になるのでココは好みだと思います。

 

スペイド・シエンタ・タンク・他ライバル車の燃費

 

あまり気にしてませんが、カタログ燃費と実燃費です。実燃費はネットの情報からまとめているので、実際には運転してみないと分かりません。

 

街のりばかりの人よりも、通勤に使っている方の方が間違いなく燃費伸びると思いますので参考値にしてください。

 

スペイド燃費

22.2km/L(実燃費14km/L)

 

タンク燃費

22.0〜24.6km/L(実燃費15km/L)

 

シエンタ燃費

15.4〜20.6km/L(実燃費12.5km/L)

 

ソリオ燃費

24.8km/L(実燃費14km/L)

 

フリード燃費

17.6km/L(実燃費13.5km/L)

 

やはりどの車種も大きさがほとんど変わらないので燃費についても似たような結果になっている印象でした。ただ、実燃費については何人乗車での燃費計測かはわかりませんし、シエンタとフリードに関して言えば、7人乗りで計測しているとは到底考えられませんので、フル乗車の場合はココからさらに落ち込むと考えて問題ないのかなと思います。それを加味しても、どの車種も実燃費10km/Lは走ってくれると思いますので想定の範囲内かなと思います。

 

ミニバンって必要ですか?

 

3人家族向けの車としては不要と考えます!

 

色んなことが言われている問題でもあると思うんですが、うちの場合今は3人(夫婦2人赤ちゃん1人)ですし、子供はすぐに二人目ってことも考えていませんし、どう考えても今は家族4人以上になるつもりはないんですよね。

 

よくおじいちゃん、おばあちゃんが乗るときがあるって言われる方が多いと思いますが、うちはそれも年に2回3回あるかどうかってところです。なので、親の車も出してもらって2台で移動するつもりでいるので別にミニバンは不要かなと思い、ミニバン不要と考えました。

 

家族旅行に行きたいと考えている方もいると思いますが、年に2回3回であれば、こちらはレンタカーも検討されてみてはいかがでしょうか?

 

ミニバンレンタカー

 

ちなみにヴォクシーHYBRID V(7人乗り)の価格は3,142,800円です。どんなに少なく見積もっても(燃費とか維持費含めても)今回の予算と比べると100万円の違いがあります。

 

なので、浮いたお金でレンタカーを利用する手も残されていると考えましたので、やはりミニバン不要と考えました。(レンタカーは1日2万円〜2万5千円くらいが相場)

 

ですが、こちらも念のためミニバンのメリットデメリットも理解したうえでちゃんと決めようと考えて、ミニバンのメリットデメリットについて調べてみました。

 

ミニバンのメリット

 

ミニバンのメリットデメリットについては正直好みでしかないように感じます。一般的に言われているミニバンのメリットデメリットについて書いてます。

 

  • いざとゆうとき便利
  • スライドドアが楽
  • 荷物をたくさん積める
  • 車内が広くて子供が喜ぶ
  • 自転車が積める
  • 視点が座面が高く運転が楽
  • 乗り換え時コンパクトカーよりも高く売れる
  • 天井が高いから乗り降りが楽
  • ステイタス性
  • 友達のお子さんも乗せれる
  • 7人乗りができる

 

ミニバンのデメリット

 

  • 比較的高価
  • 軽自動車コンパクトカーより燃費が悪い
  • 運転が楽しいとは思えない
  • コンビニに行くときに大げさ感(1人乗車)
  • 立体駐車場で止めれないときがある
  • おしゃれ感がない
  • ファミリーカーって感じ

 

3人家族向けの車としてミニバンを購入しなかった理由

 

私たち夫婦がミニバンを購入しなかった理由は、要するにミニバンのメリットにあげたことがうちにはそこまでのメリットになっていなかったということです。

 

いざとゆうときがあればレンタカーを利用します。「スライドドアが楽」コンパクトカーでもスライドドア付の車から選びます。荷物は積めるだけのものを積むようにします。

 

自転車は積んでもいいですが基本的には積みませんし、コンパクトカーよりも高く売れるのかどうかは実際に売るときにならないと分からないですし、乗り換えの予定はありませんので考えていません。

 

天井高についてはノアやヴォクシーとあまり変わらない高さが得られるスペイドなら解決できます。

 

ステイタスは人によって感じ方が違いますのでこちらは好みですよね。7人乗せるつもりは初めからありませんし、やはりその時があればレンタカーで対応するつもりです。

 

3人家族向けの車ならトヨタスペイドがおすすめ

 

私たちはトヨタスペイドを購入しました

 

3人家族向けの車ならトヨタスペイドがおすすめ

 

私たち夫婦は、上記の理由(ミニバンを購入しなかった理由)から、スペイドを購入しました。

 

決め手になったスライドドア

 

 

決め手になったことは二つあります。1つがスライドドアです。他にもスライドドアが付いている車はもちろんありますが、スペイドは助手席側がスライドドアのみで設計されています。ですので、開口部が一番広くて、子育て世代であれば使い勝手はすごく良いのではとおもいます。

 

実際に、購入された方の口コミをみているとスペイドは「ママのための車」と紹介されるほど使いやすい車だということがわかります。それに、助手席側がスライドドアのため、子供が少し大きくなって助手席に座るようになった場合(一人目のお兄ちゃんお姉ちゃんは助手席。二人目の子供が後部座席に乗る場合)それでもスライドドアでの乗り降りのため、隣に止めている車にドアをぶつける心配がありません。

 

当然ですが、人の車にぶつけることがあっては大変ですので、リスクを回避するためにもこの選択は重要になるのかなと思います。

 

私は通勤に使わないため普段使いをするのは買い物に使うのは奥さんになります。ママ仕様で使いやすい車と考えたときに、マッチするのがやはりスペイドでした。

 

決め手になった天井高

 

3人家族向けの車ならトヨタスペイドがおすすめ

 

そして2つ目は天井の高さです。たしかにミニバンの方がさらに高さはあります。それでもスペイドならそれに近い、ミニバン寄りの使い方ができる唯一のコンパクトカーだと感じました。

 

実際に後部座席に2つチャイルドシートをのせたとしても、運転席からの移動もスムーズにできそうです。身長156pの奥さんに実際に車の中で動いてもらいましたが、ムリなく後ろの席へ移動できました。コレならおむつ替えのときでも、車を降りることなくおむつ替えできそうです。

 

下取り価格を20万円もアップできた方法

愛車のジムニーはもちろん売ることにしました。

 

ですが、インターネットで調べているとなかなか良い値が付きそうなジムニー。まずは査定価格を調べてみようとすると、査定価格を調べることが出来るサービスがいくつかありました。その中でも特に評判の良いサービスを利用したところ、ディーラーの下取りよりも20万円も高く売ることが出来たんです。

 

私たちが利用した、ディーラー下取り・ガリバーやアップルよりも買取価格が20万円も上がった買取店はこちらです↓

 

参加している企業が多いということと、スマホからもすぐに愛車の買取価格がわかることが良かったポイントです。あと、業界で一番個人情報の入力が少なかったのも良かったですね!

このページの先頭へ